iPhoneは通常、
誤動作を防ぐ機能
が備わってます。

例えば、
通話中に耳や頬が画面に当たって
画面を押してしまい、
勝手にスピーカーに
切り替わってしまったり
消音になってしまわないように
通話中近接センサー
というパーツ反応して、
画面が暗くなるように
なっています。

通話中もしくは、
ボイスメモアプリを起動し、録音へ。
録音中液晶画面の
インカメラ部分
手で覆う
画面が真っ暗になるはずです。

もしここで真っ暗にならない場合
近接センサー部分
不具合が起きていますので
近接センサー機能が
付属しているパーツの交換

“フロントカメラ修理”

が必要になります。