iPhone
水に落としてしまい
水没させてしまった場合

少しでも普及率を上げるため
絶対にやってはいけない事
記述させていただきます。

❶決して電源を入れない
水没からiPhone引き上げる
電源切れている事あります

ついつい「大丈夫かな!?」
慌てて電源
入れてしまいそうになります。

しかし
絶対に電源は入れないで下さい。

水没から引き上げたiPhone
電源入っていた場合は、
直ちに切って下さい。
動作確認等してはいけません。

iPhone内部少しでも
水分残っていると、
iPhoneの中で重要な役割をしている
基盤ショートさせ、
破壊してしまう恐れ有ります。

❷充電器やPCなどへ接続しない
充電器パソコンなどと
接続する基盤ショートさせ、
破壊してしまう恐れあります。

❸振らない

iPhone中の水出そうとしたり、
水が侵入してないか確かめようとして
水没後iPhone振ってしまう方
結構いらっしゃいます。

が、iPhone内部精密機器
ぎっしり詰まっているので、
振っても、iPhoneの中の水
出てきません

むしろ振る事により、
iPhone内部侵入した水分
内部全体へ行き渡らせる事
なってしまいます。

すると、濡れていなかった部品まで
濡れてしまうので、水没したiPhone
決して振らないで下さい

❹ドライヤーや暖房、乾燥剤で乾燥
急激な乾燥腐食進行させるので、
ドライヤー乾燥剤乾燥させる事
よくないのです。

❺真水でない所へ水没した場合
海水ジューストイレ
入浴剤の入っているお風呂などに
iPhone水没させてしまった場合
内部洗浄必要になります。

たとえ水没直後iPhone本体
問題なく動いていたとしても
後々不具合が発生する可能性
非常に高くなります。

不具合出てしまった後では
修理不能な事がほとんどです。

「iPhone水没した直後は
電源が入らなかったけど、
しばらくしたら動いた」

ってことが良く有りますが

内部水分残っていると、
徐々基盤水に濡れた箇所
サビが進行してしまい、
しばらくたってから不具合
発生する事が有りますので
動いたから安心せず早急修理
出す事をオススメ致します。

もちろんアイフォンプラスジャパンでは
“水没修理”
もやっていますのでお気軽に
ご相談
ください。