iPhoneリアカメラレンズ
(バックカメラのレンズ)
割れてしまった場合

“リアカメラレンズ交換修理”

になります。

リアカメラレンズ交換修理
そこまで多い修理ではないですが、

iPhone6シリーズ以降より
バックカメラのレンズ
突出した事で、iPhone
落としてしまった時
割れてしまう。といった状況
なることがえてます。

バックカメラレンズ
割れてしまうと、
どうなるかお話します。
通常、写真を撮るときは
綺麗な写真撮れるかと思います。

しかし、
えばレンズヒビ入っている
光が変に反射した写真に
なってしまったり
割れてしまっている状態
写真撮ると、割れた部分り、
白いモヤのようなものがったり
上手くピント合いずらくなります

ヒビ割れであればリアカメラレンズ
交換する事で問題なく直ります

ですが、ヒビ割れではなく
このレンズのガラスが
酷く破損している場合

レンズほぼ無い状態になってしまうと
ポケットカバンリュックの中などに
しまう事で、カメラ自体
入ってしまう可能性くなります。

リアカメラ自体損傷があると、
レンズ交換行っただけ
では直りません

その場合

“リアカメラ交換修理”
“リアカメラレンズ交換修理”

となります。