iPhoneフロントカメラは、
近接センサー同じ部品です。
近接センサーについて

フロントカメラ
自撮りなどで使用するカメラです。
画面割れ液晶不良
タッチ不具合発生した
iPhoneを見ても、あまり
このフロントカメラ
不具合を起こすことは
多くありません。

カメラ故障していると
真っ暗な画面が映ります。

落下によって不具合
発生したとよく聞きます。
この場合は、
フロントカメラ
基盤(ロジックボード)との
接触途絶えた可能性があります。

しかし落下などの衝撃
加えていないのに
画面が真っ暗
なってしまった場合は
フロントカメラ本体
問題があるという訳ではなく、
ソフトウェアの問題
疑うケースくあります。

フロントカメラ
トラブルとして多いのは、
「カメラに亀裂が写り込む」
「カメラがボヤけてしまう」
「写真に影が映り込む」

という症状です。

「カメラに亀裂が写り込む」
「カメラがボヤけてしまう」

に関しては、落下衝撃
フロントパネル表面ガラス割れ
その亀裂フロントカメラ部分にまで
割れ入ってしまう事原因
この場合

“液晶ガラス交換修理”

になります。

しかし、液晶パネル交換しても
改善しない事があります。

それは、フロントパネル割れたことで
ガラス片飛び散り
カメラレンズ直接傷つけてしまう事

画面割れをそのまま放置してしまう事で
フロントカメラレンズホコリ溜まり
取り除くことが困難になってしまう事

この2つの事例です。

この場合

“液晶ガラス交換修理”
“フロントカメラ交換修理”

となります。

「写真に影が映り込む」
液晶にあるカメラ
ホコリ入る理由は、
画面割れしたiPhone
割れた隙間からホコリ混入したり、
2年以上使用したiPhone
多く見られるのは、
バッテリー膨張して
液晶パネル本体分離し、
その隙間からホコリ混入する。
といった事例です。

この場合は、

“液晶ガラス交換修理”
“フロントカメラ交換修理”
“内部クリーニング”

になります。

しかし、落下など衝撃
加えていないのに、画面
真っ暗になってしまった場合
フロントカメラ本体問題がある
という訳ではなく、
ソフトウェア問題
疑うケースが多くあります。

その場合Aplle正規店にて
交換修理必要となります。